Material information
【タイトル】
知覚と判断の境界線 「知覚の哲学」基本と応用
【著者名等】
源河亨/著  ≪再検索≫
【出版】
慶應義塾大学出版会 2017.4
【大きさ等】
20cm 237,17p
【NDC分類】
115
【件名】
認識論  ≪再検索≫
【件名】
知覚  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500482231
【著者等紹介】
1985年生まれ。2015年、慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(哲学)。現在、日本学術振興会特別研究員PD(東京大学)、慶應義塾大学非常勤講師。専門は、心の哲学、分析美学。著作に、小熊正久・清塚邦彦(編著)『画像と知覚の哲学――現象学と分析哲学からの接近』(東信堂、2015年、共著)など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
20世紀はじめにセンスデータ説によって興隆をみせた「知覚の哲学」。一度は忘れ去られたこの領域が一世紀を経て、意識の自然化の問題に注目が集まったことにより、新たに息を吹き返した。分析哲学、現象学、心の哲学、美学、認知科学、認識論や存在論を総動員した最新の「知覚の哲学」から、事物の種類、他者の情動、音の不在、美的性質など、一見すると「理解」「判断」されると思われるものが、実は知覚されうる可能性を探る。
【目次】
序論 見ればわかる?;第1章 知覚可能性の問題;第2章 知覚の哲学の基本;第3章 種性質の知覚;第4章 他者の情動の知覚;第5章 不在の知覚;第6章 美的性質の知覚;第7章 知覚の存在論と認識論;結論 何がわかったか?
【内容】
内容:見ればわかる?. 知覚可能性の問題. 知覚の哲学の基本. 種性質の知覚. 他者の情動の知覚. 不在の知覚. 美的性質の知覚. 知覚の存在論と認識論. 何がわかったか?
【ISBN】
978-4-7664-2426-3 4-7664-2426-3

Holding information 1records
1record-1record
2061735685
中央
115 / 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP