Material information
【タイトル】
島津忠夫著作集 別巻3
【巻タイトル】
『源氏物語』放談
【著者名等】
島津忠夫/著  ≪再検索≫
【出版】
和泉書院 2017.4
【大きさ等】
21cm 308p
【NDC分類】
910.8
【件名】
日本文学  ≪再検索≫
【件名】
源氏物語  ≪再検索≫
【個人件名】
紫式部  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500483031
【著者等紹介】
大正15年、大阪市に生れる。昭和25年、京都大学文学部文学科(国語学国文学専攻)卒。大阪府立市岡高校・同住吉高校教諭、佐賀大学文理学部講師・助教授などを歴任。大阪大学名誉教授。文学博士。著書に『連歌師宗祇』(文部大臣奨励賞受賞)など多数。「マグマ」「日本歌人」所属、現代歌人集会の理事、理事長を勤めた。元、現代短歌協会・日本文芸家協会会員。『島津忠夫著作集』全15巻にて第31回現代短歌大賞受賞。平成28年4月16日、没。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
索引あり
【要旨】
『源氏物語』五十四帖は、どのようにして書かれていったのか。紫式部の周辺には、すでに物語の書ける女房もいくらもいた。いくつかの巻は、紫式部工房での競作に成るのではないか?名古屋の「源氏の会」で、四十五年間にわたって講義して来た著者が、いまその真相に迫る。
【目次】
はじめに―『源氏物語』と私;作品の成立と諸伝本―成立論のために;『源氏物語』成立論への興味;短編から長編へ―伏線と芽;最初に書かれたのは「若紫」か―帚木三帖と「若紫」と;「末摘花」から見えるもの;「桐壷」はいつ書かれたか;最初の長編化への道―「葵」「賢木」から「須磨」へ;明石の物語の発端―「明石」から「澪標」へ;「蓬生」と「関屋」―もしかすると紫式部の筆ではないかも〔ほか〕
【ISBN】
978-4-7576-0835-1 4-7576-0835-7

Holding information 1records
1record-1record
2061726554
中央
910.8 /16 /ベツ3

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP