Material information
【タイトル】
調べようごみと資源 1
【巻タイトル】
くらしの中のごみ
【著者名等】
松藤敏彦/監修  ≪再検索≫
【著者名等】
大角修/文  ≪再検索≫
【出版】
小峰書店 2017.4
【大きさ等】
29cm 47p
【NDC分類】
518.52
【件名】
廃棄物  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500483513
【著者等紹介】
【松藤敏彦】1956年北海道生まれ。北海道大学卒業。廃棄物工学・環境システム工学を専門とする。廃棄物循環学会理事(元会長)。工学博士。北海道大学教授。主な著書に、『ごみ問題の総合的理解のために』(技報堂出版)など多数ある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
食品ロスに代表される大量廃棄社会にいつからなったか?可能な限りごみを資源化する3R中心のごみ処理、災害ごみ等の課題をさぐる。小学校中学年から。
【目次】
ごみって何だろう?―ごみは最後に残る使い道のないもの;ごみを分けると―産業廃棄物と一般廃棄物;ごみの量はどのくらい?―輸入・生産・消費・廃棄の量;いつごろからごみがふえたのか―高度経済成長期ころから;ごみがふえる前のくらし―60年ほど前のくらし;昔からのごみ処理―リユース、リサイクル、うめる・燃やす;ごみがふえた理由―エネルギーと消費・流通に大きな変化がおこった;むだづかいがふえた―食品ロスの一方で、食べられない人がいる;豊かになっておこったこと―公害から地球環境問題に;今のごみ処理のしくみ―衛生・公害・地球環境に配慮して;ごみの分別―家から、店から、工場から;ごみを燃やす―焼却炉で燃やす;リサイクルの目的は―集めたあとのことも考えよう;ごみをうめたてる―最終処分場を長もちさせるには;危険なごみ・有害なごみ―カッターやナイフ、スプレーかんなど;災害とごみ―大量のごみが出る;ごみのポイ捨てや不法投棄―不法投棄と不適正処理をなくすために;ごみをなくすために―自然の循環とゼロ・エミッション、エコタウン;わたしたちはどうしたらよいのか―消費者としての責任
【ISBN】
978-4-338-31101-4 4-338-31101-0

Holding information 15records
1record-5record
2063847790
中央
51.8/

書架
1階(ポピュラー)

2061746741
鶴見
51.8/

書架
公開

2061203101

51.8/

書架
公開

2061727909
港南
51.8/

書架
公開

2061727828

51.8/

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP