Material information
【タイトル】
調べようごみと資源 3
【巻タイトル】
びん・かん・プラスチック・ペットボトル
【著者名等】
松藤敏彦/監修  ≪再検索≫
【著者名等】
大角修/文  ≪再検索≫
【出版】
小峰書店 2017.4
【大きさ等】
29cm 47p
【NDC分類】
518.52
【件名】
廃棄物  ≪再検索≫
【件名】
金属製品  ≪再検索≫
【件名】
ガラス製品  ≪再検索≫
【件名】
プラスチック  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500483515
【著者等紹介】
【松藤敏彦】1956年北海道生まれ。北海道大学卒業。廃棄物工学・環境システム工学を専門とする。廃棄物循環学会理事(元会長)。工学博士。北海道大学教授。主な著書に、『ごみ問題の総合的理解のために』(技報堂出版)など多数ある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
飲み物や食品の容器や包装として使われている素材の特質とリサイクルの現状を写真とイラストでわかりやすく解説。小学校中学年から。
【目次】
びんのひみつと使われ方―ガラスびんの特長と使い道;びんができるまで―ガラスびんの製造と中身のつめ方;くりかえし使うびん―リターナブルびん;ワンウェイびんのゆくえは―使いすてのガラスびんはカレット工場へ;かんのひみつと使われ方―安くて、軽くて、じょうぶ;かんができるまで―材料はアルミニウムかスチールの金属板;空きかんのゆくえ―空きかんの分別;プラスチック製品のひみつ―プラスチックの特長と歴史;プラスチックの種類と製造―プラスチック製品のつくり方;プラスチック製容器包装の回収―トレーやカップ、ポリ袋など;プラスチック製容器包装のリサイクル―リサイクル工場では;ペットボトルのひみつ―軽くてじょうぶで、持ち運べる飲料容器;ペットボトルのリサイクル―リサイクル工場では;使いすてでよいのか―便利だけれど問題もある
【ISBN】
978-4-338-31103-8 4-338-31103-7

Holding information 15records
1record-5record
2063847740
中央
51.8/

書架
1階(ポピュラー)

2061752199
鶴見
51.8/

書架
公開

2061203144

51.8/

書架
公開

2061721986
港南
51.8/

書架
公開

2061722001

51.8/

貸出中
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP