Material information
【タイトル】
「おもてなし」の日本文化誌 ホテル・旅館の歴史に学ぶ
【著者名等】
富田昭次/著  ≪再検索≫
【出版】
青弓社 2017.5
【大きさ等】
19cm 283p
【NDC分類】
689.8
【件名】
旅館  ≪再検索≫
【件名】
ホテル−日本  ≪再検索≫
【件名】
ホスピタリティ  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500490836
【著者等紹介】
1954年、東京都生まれ。立教大学卒業。ホテル専門誌の編集記者、編集長を経て、ホテル・旅行作家の活動に入る。著書に『ホテル百物語』(青弓社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり
【要旨】
もてなしの極意は「客人の快適性を確保し、満足度を高めるために、どう努めるのか」だ。その最前線がホテルや旅館で、さまざまな知恵と工夫で内外の旅行客をもてなしてきた。近代から今日までの逸話から、もてなしの事例を多角的に集め、秘蔵の図版も示して「おもてなし」文化の成り立ちを描く。
【目次】
はじめに―近代のおもてなし事始め;創業以来の社是「至誠」のおもてなし;和の意匠でお出迎え;送迎と遊覧案内も腕の見せどころ;旅館のくつろぎをホテルに盛り込む;サービス料制度が生まれたもう一つの理由;外国人旅行者が惚れ込んだ日本のホテル;外国人は旅館に何を感じ、何を求めたか;渋沢栄一が残した言葉;コンシェルジュの組織力を支えるもの;日本には和服姿の“天使”がいた;自然を心から賛美する;厨房という小宇宙の内と外で;約束事を理解してもらうために;おもてなしの担い手を育てる;あの人が愛用した理由とは;知恵と工夫を結集させて―「西の迎賓館ホテル」誕生秘話;名ホテリエ、それぞれの流儀;職人としての「酒の番人」、その心意気;庭園は屋根がないもう一つの客室;それは一つの作品から始まる
【ISBN】
978-4-7872-3416-2 4-7872-3416-1

Holding information 2records
1record-2record
2058696970
中央
689.8 / 

書架
4階(社会科学)

2060962483

689 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP