Material information
【タイトル】
精読小津安二郎 死の影の下に
【著者名等】
中澤千磨夫/著  ≪再検索≫
【出版】
言視舎 2017.6
【大きさ等】
19cm 247p
【NDC分類】
778.21
【個人件名】
小津 安二郎  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500501159
【著者等紹介】
1952年、札幌市生まれ。小樽市在住。北海道大学水産学部卒業。同大学大学院文学研究科(国文学)博士後期課程単位取得満期退学。現在北海道大学武蔵女子短期大学教授。全国小津安二郎ネットワーク会長。児童文学ファンタジー大賞選考委員。専門は日本近代文学、映像詩学、現代文化論、考現学。著書に『荷風と踊る』(三一書房)など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
索引あり
【要旨】
小津は細部に宿る。映画もまた文学テキストである。精読することではじめて明らかになるディテールに込められた小津の映像美学の核心、そして戦争と死の影。
【目次】
1 死の影の下に(『父ありき』―死者の集合性、あるいは「無」へ;『宗方姉妹』―ドン・キホーテの運命、あるいは激発する暴力;『麦秋』―死者の眼、そして麦穂の鎮魂;『東京物語』―死の影の下に);2 小津安二郎と戦争(「敗けてよかった」再考―小津安二郎の戦争・序説;「敗けてよかった」三考―小津安二郎「海ゆかば」と「軍艦マーチ」のあいだ;小津安二郎の見つめた戦争)
【内容】
内容:『父ありき』−死者の集合性、あるいは「無」へ. 『宗方姉妹』−ドン・キホーテの運命、あるいは激発する暴力. 『麦秋』−死者の眼、そして麦穂の鎮魂. 『東京物語』−死の影の下に. 「敗けてよかった」再考−小津安二郎の戦争・序説. 「敗けてよかった」三考−小津安二郎「海ゆかば」と「軍艦マーチ」のあいだ. 小津安二郎の見つめた戦争
【ISBN】
978-4-86565-095-2 4-86565-095-4

Holding information 1records
1record-1record
2061018649
中央
778.2 /オ 

貸出中
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP