Material information
【タイトル】
戦争を乗り越えた日米交流 日米協会の役割と日米関係1917〜1960
【著者名等】
飯森明子/著  ≪再検索≫
【出版】
彩流社 2017.7
【大きさ等】
22cm 193,29p
【NDC分類】
061
【件名】
日米協会  ≪再検索≫
【件名】
日本−外国関係−アメリカ合衆国−歴史−明治以後  ≪再検索≫
【件名】
国際文化交流  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500502020
【著者等紹介】
1957年生まれ。常磐大学非常勤講師。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒、常磐大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。博士(人間科学)。日本外交史専攻。共著に、『関東大震災と日米外交』(草思社)など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
年表あり
【要旨】
初代会長金子堅太郎から吉田茂就任までの足跡。日本で最も歴史のある民間日米交流団体、日米協会。戦前の国際交流から、戦後日米関係が「安保体制」へと変化する直前までの活動を追いかけた、画期的研究。戦前から築かれ、戦後の知的交流の架け橋となった、日米の友情がここにある!日米協会で開催された主要講演などの年譜(1917〜1960年)付き。
【目次】
第1章 初期日米協会の活動と金子堅太郎(一九一七‐一九二四年);第2章 戦前昭和期日米交流の発展とジレンマ(一九二四‐一九三九年);第3章 戦間期軍関係者の日米交流(一九一七‐一九四〇年);第4章 太平洋戦争前後の日米協会―活動の連続性をさぐる(一九三九‐一九五〇年);第5章 戦後日米交流と日米協会の新たな模索―小松隆会長の活躍(一九五一‐一九五五年);第6章 日米交流の分化と日米協会―戦略化する交流(一九五五‐一九六〇年)
【内容】
内容:初期日米協会の活動と金子堅太郎. 戦前昭和期日米交流の発展とジレンマ. 戦間期軍関係者の日米交流. 太平洋戦争前後の日米協会. 戦後日米交流と日米協会の新たな模索. 日米交流の分化と日米協会. 結
【ISBN】
978-4-7791-2331-3 4-7791-2331-3

Holding information 1records
1record-1record
2061886586
中央
061 / 

書架
3階(一般調査)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP