Material information
【タイトル】
交通事故物的損害の認定の実際 理論と裁判例
【版情報】
改訂版
【著者名等】
園部厚/著  ≪再検索≫
【出版】
青林書院 2017.10
【大きさ等】
21cm 294p
【NDC分類】
681.3
【件名】
交通事故−判例−日本  ≪再検索≫
【件名】
損害賠償−判例−日本  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500525528
【著者等紹介】
東京簡易裁判所判事 平成13年8月東京簡裁判事、その後、平成14年4月稚内簡裁、平成16年4月東京簡裁、平成19年4月石岡・笠間簡裁、平成22年4月東京簡裁、平成25年4月青森簡裁、平成28年4月から現職 主要著書:『〔改訂版〕一般民事事件論点整理ノート(紛争類型編)(民事訴訟手続編)』(新日本法規出版)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
索引あり
【要旨】
物損はいかに認定・判断されているのか?裁判官が、弁護士費用補償特約付自動車保険の普及で増加し様々な論点がある物損被害の損害賠償請求事件の裁判例について、争点項目を細分化してよりわかりやすく整理。最新裁判例を加えますます充実、交通事故事件に携わる者に有用な1冊!
【目次】
物的損害の請求権者;修理費等;車両購入諸費用;評価損(格落損);代車料(代車使用料);休車損(休車損害);事故処理費用;損害賠償請求関係費用;その他の物的損害;弁護士費用;不法行為債務の遅延損害金;保険代位による不法行為に基づく損害賠償請求;訴訟手続
【ISBN】
978-4-417-01725-7 4-417-01725-5

Holding information 1records
1record-1record
2061364121
中央
681.3 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP