Material information
【タイトル】
電磁気学 1
【巻タイトル】
電場と磁場
【シリーズ名】
物理入門コース〈新装版〉  ≪再検索≫
【著者名等】
長岡洋介/著  ≪再検索≫
【出版】
岩波書店 2017.12
【大きさ等】
21cm 214p
【NDC分類】
427
【件名】
電磁気  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500545490
【著者等紹介】
1933年盛岡市に生まれる.1956年東京大学理学部卒業.1961年同大学院博士課程修了.京都大学教授,名古屋大学教授,京都大学基礎物理学研究所長などを経て,京都大学名誉教授,名古屋大学名誉教授.理学博士.専攻は物性理論.著書に『遍歴する電子』(産業図書)など.(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
索引あり 欧文タイトル:ELECTRO−MAGNETICS
【要旨】
電荷や電流のはたらきによって空間にある種の変化が生じる。それが電磁場だが、物体の運動とは違って、目に見えない。日常のなかで存在を実感しにくい電磁場がひとつの物理的実在であることを実感するには、第1冊のテーマである静電場と静磁場のみならず、第2冊のテーマである時間的に変動する電磁場の取り扱いが不可欠である。
【目次】
1 電荷にはたらく力;2 静電場の性質;3 静電場の微分法則;4 導体と静電場;5 定常電流の性質;6 電流と静磁場
【ISBN】
978-4-00-029863-6 4-00-029863-1

Holding information 1records
1record-1record
2067341310
山内
427 / 

貸出中
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP