Material information
【タイトル】
母・娘・祖母が共存するために
【著者名等】
信田さよ子/著  ≪再検索≫
【出版】
朝日新聞出版 2017.12
【大きさ等】
20cm 228p
【NDC分類】
367.3
【件名】
母子関係  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500545555
【著者等紹介】
1946年、岐阜県生まれ。お茶の水女子大学大学院修士課程児童学専攻修了。原宿カウンセリングセンター所長。臨床心理士。著書に『アディクションアプローチ−もうひとつの家族援助論』ほか。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【要旨】
それでも母が重たい娘たち、団塊女性の母であることの困難、存在感を増す祖母。娘・母・祖母の3世代と家族を射程にいれて解決の方向性をさぐる、母娘問題の第一人者による力作。
【目次】
家族愛帝国の難民女性たち―まえがきに代えて;「毒母」という言葉を点検する;1995年という転換点;母娘関係をめぐる歴史;母娘問題の中核となった女性たち;団塊世代の男性たち;団塊世代がつくった家族;団塊女性たちの挫折感;僕は生き直したいんだ;母はなぜ不幸しか語らないのか〔ほか〕
【ISBN】
978-4-02-251508-7 4-02-251508-2

Holding information 12records
1record-5record
2061509189
中央
367.3 / 

書架
4階(社会科学)

2062027048
鶴見
367.3 / 

貸出中
公開

2061650272

367.3 / 

書架
公開

2061540175
港南
367.3 / 

書架
公開

2061650264

367.3 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP