資料情報
【タイトル】
ある明治人の記録 会津人柴五郎の遺書
【版情報】
改版
【叢書名】
中公新書  ≪再検索≫
【著者名等】
石光真人/編著  ≪再検索≫
【著者等紹介】
1904年,東京に生まれる.早稲田大学文学部哲学科卒業.日本ABC協会事務局長,同協会専務理事を務めた.編集にあたった『城下の人』『曠野の花』『望郷の歌』『誰のために』(石光真清著,「石光真清の手記」4部作)は毎日出版文化賞を受賞.1975年逝去.(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【出版者】
中央公論新社
【出版年】
2017.12
【大きさ等】
18cm 182p
【NDC分類】
289.1
【件名】
柴 五郎
【要旨】
明治維新に際し、朝敵の汚名を着せられた会津藩。降伏後、藩士は下北半島の辺地に移封され、寒さと飢えの生活を強いられた。明治三十三年の義和団事件で、その沈着な行動により世界の賞讃を得た柴五郎は、会津藩士の子であり、会津落城に自刃した祖母、母、姉妹を偲びながら、維新の裏面史ともいうべき苦難の少年時代の思い出を遺した。『城下の人』で知られる編著者が、その記録を整理編集し、人とその時代を概観する。
【目次】
第1部 柴五郎の遺書(血涙の辞;故郷の山河;悲劇の発端;憤激の城下;散華の布陣 ほか);第2部 柴五郎翁とその時代(遺書との出会い;流涕の回顧;翁の中国観;会津人の気質;痛恨の永眠)
【内容】
明治維新に際し、朝敵の汚名を着せられた会津藩。明治33年の義和団事件で賞讃を得た柴五郎は、会津藩士の子であり、会津落城に自刃した祖母、母、姉妹を偲びながら苦難の少年時代の思い出を遺した。その記録を整理編集し、人とその時代を概観する。
【ISBN等】
4-12-180252-7
【ISBN等】
978-4-12-180252-1
【書誌番号】
3-0500549848

所蔵情報 全8件
1件目〜5件目
2061616090
中央
289 /シ 

書架
5階(人文科学)

2062062340
鶴見
289 /シ 

書架
公開

2062004064
港南
289 /シ 

書架
公開

2061909373
磯子
289 /シ 

書架
公開

2063426400
金沢
289 /シ 

予受待
公開

前へ
次へ

予約情報
現在の予約登録者は2人です。


▼一覧
[0]TOP