Material information
【タイトル】
図書館空間のデザイン 続
【巻タイトル】
実践3事例とICT導入法
【著者名等】
益子一彦/著  ≪再検索≫
【出版】
丸善出版 2018.1
【大きさ等】
26cm 143p
【NDC分類】
012
【件名】
図書館建築  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500556426
【著者等紹介】
1983年3月 武蔵工業大学工学部建築学科卒業。1983年4月 三上建築事務所入所。2005年10月 三上建築事務所代表取締役所長に就任、現在に至る。2016年より 茨城大学大学院理工学研究科非常勤講師。2017年より 筑波大学情報学群知識情報・図書館学類非常勤講師。一級建築士。著書『図書館/建築/開架/書架』(1999年、丸善)など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【要旨】
現在、多くの図書館では、居場所の提供、館内での飲食、ICTの進展、施設の複合化といったこれまでにない変化に直面しています。本書ではこれら時代の変化に対する空間的な解決策を、写真、図面、ダイアグラムを豊富に用いて解説しています。閲覧スペースや書架を中心に、その設計手法や留意点についてきめ細かく述べた前著『図書館空間のデザイン』を理論編とすれば、本書はその実践編となります。愛知県安城市、石川県野々市市、岡山県玉野市の3つの地方都市での実例をもとにした、未来の図書館空間の在り方のヒントとなる一冊です。
【目次】
第1章 図書館建築の実践と課題(変化の中での実践;公共図書館の潮流 ほか);第2章 安城市中心市街地拠点施設アンフォーレ(敷地;事業の概要 ほか);第3章 野々市市文化交流拠点施設学びの杜ののいちカレード(敷地;事業の概要 ほか);第4章 玉野市立図書館・中央公民館(岡山県玉野市;事業の概要 ほか);第5章 ICTを活用した図書館空間の計画(公共図書館におけるICT;ICTとそのスペースの計画 ほか)
【ISBN】
978-4-621-30223-1 4-621-30223-X

Holding information 1records
1record-1record
2061928343
中央
012 / 

書架
3階(一般調査)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP