Material information
【タイトル】
河井弥八日記 戦後篇3
【巻タイトル】
昭和二十七年〜昭和二十九年
【著者名等】
河井弥八/〔著〕  ≪再検索≫
【著者名等】
尚友倶楽部/編集  ≪再検索≫
【著者名等】
中園裕/編集  ≪再検索≫
【著者名等】
内藤一成/編集  ≪再検索≫
【著者名等】
村井良太/編集  ≪再検索≫
【著者名等】
奈良岡聰智/編集  ≪再検索≫
【著者名等】
小宮京/編集  ≪再検索≫
【出版】
信山社出版 2018.1
【大きさ等】
22cm 679p
【NDC分類】
289.1
【件名】
日本−歴史−昭和後期  ≪再検索≫
【個人件名】
河井 弥八  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500571376
【著者等紹介】
【中園裕】1965年生まれ。青森県環境生活部県民生活文化課県史編さんグループ主幹,博士(文学) 編著書:『新聞検閲制度運用論』(清文堂,2006年)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【著者等紹介】
【内藤一成】1967年生まれ。宮内庁書陵部主任研究官,博士(歴史学) 編著書:『貴族院と立憲政治』(思文閣出版,2005年)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
布装
【要旨】
河井弥八(明治10年〜昭和35年・静岡県掛川出身)は、貴族院書記官長、内大臣秘書官長、侍従次長、皇后宮大夫、貴族院議員、参議員議員、参議院議長のほか、大日本報徳社社長、全国治水砂防協会顧問等を歴任した政治家である。彼は生涯にわたり、膨大な日記を残した。今回刊行するのは、昭和20〜35年の15年余りの期間である。第3巻は独立から吉田内閣崩壊までの日記と手帳を収録した。社会は次第に落ち着きを取り戻しつつあったが、日本政治冷戦下で保革対立が高まり、追放解除で与党も混乱していた。その中で河井は、貴族院の精神を引き継ぐ緑風会からは最後となる参議院議長に選ばれた。本巻は第二院独自の役割を模索し続けた議長が自ら記した重厚な記録である。
【ISBN】
978-4-7972-6069-4 4-7972-6069-6

Holding information 1records
1record-1record
2071172212
中央
289 /8070 /3

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP