資料情報
【タイトル】
青空と逃げる
【著者名等】
辻村深月/著  ≪再検索≫
【著者等紹介】
1980年生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞し、デビュー。『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、『鍵のない夢を見る』で第147回直木賞を受賞。『スロウハイツの神様』『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』『朝が来る』『東京會舘とわたし』『クローバーナイト』『かがみの孤城』など著書多数。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【出版者】
中央公論新社
【出版年】
2018.3
【大きさ等】
20cm 389p
【NDC分類】
913.6
【要旨】
深夜の電話が、母と息子の日常を奪い去った。疑心、恐怖、そして怒り。壊れてしまった家族が、たどり着く場所は―。母の覚悟と、息子の決意。
【内容】
深夜の交通事故から幕を開けた、家族の危機。押し寄せる悪意と興味本位の追及に日常を奪われた母と息子は、東京から逃げることを決めた…。一家の再生の物語。読売新聞連載の単行本化。
【ISBN等】
4-12-005061-0
【ISBN等】
978-4-12-005061-9
【書誌番号】
3-0500574142

所蔵情報 全24件
1件目〜5件目
2059884150
中央
913.6 /ツ 

貸出中
部門無中央資料調整

2059884142
中央
913.6 /ツ 

貸出中
部門無中央資料調整

2059884177
中央
913.6 /ツ 

貸出中
部門無中央資料調整

2062148392
中央
913.6 /ツ 

貸出中
1階(ポピュラー)

2059884185
中央
913.6 /ツ 

貸出中
部門無中央資料調整

前へ
次へ

予約情報
現在の予約登録者は452人です。


▼一覧
[0]TOP