資料情報
【タイトル】
ロボットは東大に入れるか
【版情報】
改訂新版
【叢書名】
よりみちパン!セ  ≪再検索≫
【著者名等】
新井紀子/著  ≪再検索≫
【著者等紹介】
東京都生まれ。一橋大学法学部卒業。イリノイ大学数学科博士課程修了。理学博士。現在、国立情報学研究所教授。2011年から人工知能分野のグランドチャレンジ「ロボットは東大に入れるか」のプロジェクトディレクターを務める。著書に『数学にときめく』(講談社ブルーバックス)など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【出版者】
新曜社
【出版年】
2018.5
【大きさ等】
19cm 300p
【NDC分類】
007.1
【件名】
人工知能  ≪再検索≫
【件名】
ロボット  ≪再検索≫
【要旨】
東大模試(理系)では偏差値76.2も出したのに。そんなボクの成長と挫折のすべてがここにあります。驚愕のベストセラー『AI vs 教科書が読めない子どもたち』に登場し、著者がわが子のように育ててきた最強のAI“東ロボくん”は、どのように、何を目指して作られたのか。AIにしかできないことは何か。そして、人間に残されていることとは何か。
【目次】
第1章 “東ロボくん”と人工知能の現在(センター入試は楽勝か?;コンピュータの「知性」とは?;消える職業、変わる学校);第2章 「東大」への大いなる一歩―東ロボくん+東ロボ手くん「マーク模試」&「東大入試プレ」に挑戦!!(ベネッセコーポレーションによる「マーク模試」結果報告と概評;SAPIX YOZEMI GROUPによる東ロボ君の歩みと「東大入試プレ」;「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトチームによる現状と展望);第3章 “東ロボくん”の将来/私たちの未来(東ロボくんの「かたち」;ロボットの人権;機械の深化と人間の進化)
【内容】
AIにしかできないことは何か。そして、人間に残されていることとはなにか。MARCHは合格レベル、東大模試では偏差値72.6を叩き出した「東ロボくん」の成長と挫折を通し、「人間」の能力に迫る。最新のプロジェクトの現状と展望を加えた改訂新版。
【ISBN等】
4-7885-1563-6
【ISBN等】
978-4-7885-1563-5
【書誌番号】
3-0500587824

所蔵情報 全3件
1件目〜3件目
2019122126
港南
007.1 / 

貸出中
公開ティーンズ

2063302077
磯子
007.1 / 

貸出中
公開ティーンズ

2059865628
瀬谷
007.1 / 

貸出中
公開ティーンズ

前へ
次へ

予約情報
現在の予約登録者は16人です。


▼一覧
[0]TOP