資料情報
【タイトル】
ののはな通信
【著者名等】
三浦しをん/著  ≪再検索≫
【著者等紹介】
1976年東京生まれ。2000年『格闘する者に○(まる)』でデビュー。以後、『月魚』『ロマンス小説の七日間』『秘密の花園』などの小説を発表。『悶絶スパイラル』『あやつられ文楽鑑賞』『本屋さんで待ちあわせ』など、エッセイ集も注目を集める。06年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞を、12年『舟を編む』で本屋大賞を、15年『あの家に暮らす四人の女』で織田作之助賞を受賞。ほかの小説として『むかしのはなし』『風が強く吹いている』『仏果を得ず』『光』『神去なあなあ日常』『天国旅行』『木暮荘物語』『政と源』などがある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【出版者】
KADOKAWA
【出版年】
2018.5
【大きさ等】
19cm 448p
【NDC分類】
913.6
【要旨】
横浜で、ミッション系のお壌様学校に通う、野々原茜(のの)と牧田はな。庶民的な家庭で育ち、頭脳明晰、クールで毒舌なののと、外交官の家に生まれ、天真爛漫で甘え上手のはな。二人はなぜか気が合い、かけがえのない親友同士となる。しかし、ののには秘密があった。いつしかはなに抱いた、友情以上の気持ち。それを強烈に自覚し、ののは玉砕覚悟ではなに告白する。不器用にはじまった、密やかな恋。けれどある裏切りによって、少女たちの楽園は、音を立てて崩れはじめ…。運命の恋を経て、少女たちは大人になる。女子の生き方を描いた傑作小説。女子校で出会い、運命の恋を得た少女たちの20年超を、全編書簡形式で紡いだ、女子大河小説の最高峰。
【内容】
お嬢様学校に通う、野々原茜(のの)と牧田はな。正反対の2人はなぜか気が合い、かけがえのない親友同士となる。しかし、ののははなにいつしか友情以上の気持ちを抱き…。運命の恋を得た少女たちの20年超を書簡形式で紡いだ女子大河小説。
【ISBN等】
4-04-101980-X
【ISBN等】
978-4-04-101980-1
【書誌番号】
3-0500593698

所蔵情報 全31件
1件目〜5件目
2059921439
中央
913.6 /ミ 

書架
3階(ヨコハマ資料)横浜資料

2059921420
中央
913.6 /ミ 

予受待
3階(ヨコハマ資料)横浜資料

2059890568
中央
913.6 /ミ 

貸出中
1階(ポピュラー)

2020439699
中央
913.6 /ミ 

貸出中
部門無中央資料調整

2020439702
中央
913.6 /ミ 

貸出中
部門無中央資料調整

前へ
次へ

予約情報
現在の予約登録者は685人です。


▼一覧
[0]TOP