Material information
【タイトル】
水族館の歴史 海が室内にやってきた
【版情報】
新装版
【著者名等】
ベアント・ブルンナー/著  ≪再検索≫
【著者名等】
山川純子/訳  ≪再検索≫
【出版】
白水社 2019.8
【大きさ等】
20cm 196,9p
【NDC分類】
480.76
【件名】
水族館−歴史  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500714605
【著者等紹介】
【ベアント・ブルンナー】1964年生まれ。ベルリン自由大学、ベルリン経済大学を卒業。現在は客員研究員、フリーランスの文筆家、ノンフィション作品の編集者。邦訳に、『熊――人類との「共存」の歴史』(白水社)など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【著者等紹介】
【山川純子】名古屋に生まれ、鎌倉で育つ。慶応義塾大学文学部国史および美学美術史専攻、アリゾナ大学美術史(写真史)修士課程修了。訳書に、B・アイゼンシュタイン『わたしはホロコーストから生まれた』(原書房社)、共訳書に、V・ポマレッド編『ルーヴル美術館 収蔵絵画のすべて』(ディスカヴァー)、S・キャヴァリア『世界アニメーション歴史事典』(ゆまに書房)。美術展図録等の翻訳多数。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり 原タイトル:THE OCEAN AT HOME
【要旨】
「生きた博物館」にして人工の生態系でもある水族館。その前史であるアクアリウムはいかにして誕生したのか。海中世界に憧れた人々の試行錯誤をたどりながら、現代の水族館が向かう先を見据えるユニークな文化史。カラー・モノクロ図版多数。
【目次】
プロローグ―まずは飛びこんで;最初の種―海洋の神秘;第二の種―小部屋、陳列棚、ケース;第三の種―魚をペットに;「情熱と勤勉」―開拓者たち;強くあくなき追求―ブームの火つけ役;海水アクアリウムから淡水アクアリウムへ―ガラスの中の湖;アメリカへの上陸―アクアリスト協会と博物館;異国の品種とその輸送―分かれる考え方;流行の見本市―居間用アクアリウムのさまざまな形式;「新種の劇場」―大型のアクアリウム;アクアリウムからオセアナリウムへ、そしてその先へ;水族館の暗い深層
【ISBN】
978-4-560-09724-3 4-560-09724-0

Holding information 1records
1record-1record
2065105600

480 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP