Material information
【タイトル】
トルコ語とチュルク諸語の研究と日本語との対照
【シリーズ名】
記述言語学者自選集  ≪再検索≫
【著者名等】
栗林裕/著  ≪再検索≫
【出版】
日中言語文化出版社 2020.6
【大きさ等】
21cm 184p
【NDC分類】
829.57
【件名】
チュルク諸語−文法  ≪再検索≫
【件名】
日本語−文法  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500800761
【著者等紹介】
【栗林裕】1961年京都府生まれ。文部省昭和63年度アジア諸国等派遣留学生トルコ・ボアジチ大学、スウェーデン・ウプサラ大学客員研究員(文部科学省派遣)を経て現在、岡山大学大学院社会文化科学研究科教授、博士(文学)。主な著書・論文に『チュルク南西グループの構造と記述 ―トルコ語と周辺言語の言語接触―』(単著、2010、くろしお出版)など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【要旨】
新しい視点から挑むトルコ語とチュルク諸語の文法研究。
【目次】
第1部 トルコ語の文法研究(トルコ語における対格表示と名詞―動詞構造;トルコ語における不定と定の矛盾―語用論からの解明 ほか);第2部 トルコ語と日本語の対照研究(トルコ語と日本語における語彙の意味的差異―「暖かい(ひと)」の因子分析;トルコ語のol‐表現と日本語のナル表現の対照研究);第3部 チュルク諸語の研究(トルコ語、古代トルコ語およびハラジ語における使役/反使役の交替;トルコ語、チュルク諸語および日本語における主語と主題 ほか);第4部 チュルク諸語の研究(言語資料編)(ガガウズ語の記述的言語資料)
【内容】
内容:トルコ語における対格表示と名詞. トルコ語における不定と定の矛盾. トルコ語の非対格構文について. トルコ語と日本語における語彙の意味的差異. トルコ語のol‐表現と日本語のナル表現の対照研究. トルコ語、古代トルコ語およびハラジ語における使役/反使役の交替. トルコ語、チュルク諸語および日本語における主語と主題. ガガウズ語を話す人々. バルト・スラヴ語世界におけるチュルク系少数言語. ガガウズ語の記述的言語資料
【ISBN】
978-4-905013-61-7 4-905013-61-5

Holding information 1records
1record-1record
2066564404
中央
829.5 / 

書架
3階(一般調査)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP