Material information
【タイトル】
設計者は図面で語れ!ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ
【著者名等】
栗山晃治/著  ≪再検索≫
【著者名等】
北沢喜一/著  ≪再検索≫
【著者名等】
栗山弘/監修  ≪再検索≫
【出版】
日刊工業新聞社 2020.7
【大きさ等】
21cm 194p
【NDC分類】
531.98
【件名】
機械製図  ≪再検索≫
【件名】
公差  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500801191
【著者等紹介】
【栗山晃治】株式会社プラーナー代表取締役社長。3次元公差解析ソフトをベースとした大手電機・自動車メーカーへのソフトウェア立ち上げ・サポート支援、GD&T企業研修講師、公差に関する企業事例の米国での講演などにより実績を重ねる。著書は『強いものづくりのための公差設計入門講座 今すぐ実践!公差設計』(工学研究社)など多数。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【著者等紹介】
【北沢喜一】株式会社プラーナーシニアコンサルタント。セイコーエプソン株式会社にて、時計の外装設計・技術に長年携わり、開発設計における幅広い視野での知識と経験を持つ。その経験を活かし、2017年より株式会社プラーナーシニアコンサルタントとして、数多くの企業・公的機関にて公差設計、幾何公差の教育およびGD&T実践指導などを行う。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり 索引あり
【目次】
第1章 製造業の幾何公差導入 ここが問題(なぜ幾何公差に躓くのか?―幾何公差の使用状況;日本の製造業は幾何公差導入を迫られている ほか);第2章 幾何公差の重要性(公差設計と幾何公差について;サイズ公差と幾何公差の違い ほか);第3章 幾何公差の基礎知識(幾何公差の用語;幾何公差の種類 ほか);第4章 ケーススタディで理解するGD&T(公差設計と幾何公差)の神髄(ヤマハ株式会社におけるGD&Tの取り組みの背景;ケーススタディの実施 ほか);第5章 測定結果のフィードバック―ケーススタディ公差設計(測定結果のフィードバック;非接触3次元測定の流れ ほか)
【ISBN】
978-4-526-08072-2 4-526-08072-1

Holding information 1records
1record-1record
2066561146
中央
531.9 / 

予受待
4階(自然科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 1 people.


▼results list
[0]TOP