Material information
【タイトル】
超訳人間失格 人はどう生きればいいのか
【著者名等】
齋藤孝/著  ≪再検索≫
【出版】
アスコム 2020.11
【大きさ等】
19cm 223p
【NDC分類】
910.268
【件名】
人間失格  ≪再検索≫
【個人件名】
太宰 治  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500832495
【著者等紹介】
明治大学文学部教授。1960年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学大学院教育学研究科博士課程等を経て現職。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。代表作の一つである『声に出して読みたい日本語』(草思社)は毎日出版文化賞特別賞を受賞し、シリーズ260万部のベストセラーに。多数の著作を出版。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり
【要旨】
文豪と言われる人の作品の中でも、常に人気のある『人間失格』。その普遍性をクリアにし、現代に引きつけながら読み直す。いまを生きるヒント。
【目次】
序章 「はしがき」超訳解説―三葉の写真;第1章 「第一の手記」より(道化の仮面);第2章 「第二の手記」より(級友・竹一に見せた素顔;酒、煙草、淫売婦;ツネ子との出会い、そして死);第3章 「第三の手記」より(故郷からの絶縁;ヨシ子との出会い、そして結婚;無垢の信頼心;人間失格);終章 「あとがき」超訳解説―もう一つの視点
【ISBN】
978-4-7762-1104-4 4-7762-1104-1

Holding information 1records
1record-1record
2067559315
山内
910 /タ 

貸出中
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 1 people.


▼results list
[0]TOP