Material information
【タイトル】
高瀬庄左衛門御留書
【著者名等】
砂原浩太朗/著  ≪再検索≫
【出版】
講談社 2021.1
【大きさ等】
20cm 335p
【NDC分類】
913.6
【書誌番号】
3-0500846992
【著者等紹介】
1969年生まれ。兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者に。2016年「いのちがけ」で第2回「決戦!小説大賞」を受賞。著書に『いのちがけ 加賀百万石の礎』(講談社)など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
本屋が選ぶ時代小説大賞(2021年11回)
【要旨】
神山藩で、郡方を務める高瀬庄左衛門。五十を前にして妻を亡くし、息子をも事故で失い、ただ倹しく老いてゆく身。息子の嫁・志穂とともに、手慰みに絵を描きながら、寂寥と悔恨の中に生きていた。しかしゆっくりと確実に、藩の政争の嵐が庄左衛門に襲いくる。人生の苦渋と生きる喜びを丁寧に描く、武家もの時代小説の新星、ここに誕生!
【ISBN】
978-4-06-519273-3 4-06-519273-0

Holding information 20records
1record-5record
2068875067
中央
913.6 /ス 

貸出中
1階(ポピュラー)

2070551953
鶴見
913.6 /ス 

貸出中
公開

2070417688
神奈川
913.6 /ス 

予受待
公開

2070423742

913.6 /ス 

予受待
公開

2070400793

913.6 /ス 

貸出中
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 159 people.


▼results list
[0]TOP