Material information
【タイトル】
星落ちて、なお
【著者名等】
澤田瞳子/著  ≪再検索≫
【出版】
文藝春秋 2021.5
【大きさ等】
20cm 321p
【NDC分類】
913.6
【書誌番号】
3-0500875631
【著者等紹介】
1977年、京都府生まれ。同志社大学文学部卒業、同大学院博士課程前期課程修了。2010年に『狐鷹の天』でデビュー。同作で中山義秀文学賞を最年少受賞。『満つる月のごとし 仏師・定朝』で本屋が選ぶ時代小説大賞受賞。ほかの著書に『火定』、『稚児桜』などがある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり
【注記】
直木賞(2021年165回)
【要旨】
不世出の絵師、河鍋暁斎が死んだ。残された娘のとよ(暁翠)に対し、腹違いの兄・周三郎は事あるごとに難癖をつけてくる。早くから養子に出されたことを逆恨みしているのかもしれない。暁斎の死によって、これまで河鍋家の中で辛うじて保たれていた均衡が崩れた。兄が河鍋の家を継ぐ気がないのは明白であった。弟の記六は根無し草のような生活にどっぷりつかっていて頼りなく、妹のきくは病弱で長くは生きられそうもない。河鍋一門の行末はとよの双肩にかかっているのだったが―。父の影に翻弄され、明治から大正を駆け抜けた女絵師の一代記。
【ISBN】
978-4-16-391365-0 4-16-391365-3

Holding information 35records
1record-5record
2070998834
中央
913.6 /サ 

予受待
部門無中央資料調整

2070998737
中央
913.6 /サ 

貸出中
部門無中央資料調整

2070998761
中央
913.6 /サ 

貸出中
部門無中央資料調整

2070998800
中央
913.6 /サ 

貸出中
部門無中央資料調整

2070998818
中央
913.6 /サ 

予回送
部門無中央資料調整

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 290 people.


▼results list
[0]TOP