Material information
【タイトル】
70歳が老化の分かれ道 若さを持続する人、一気に衰える人の違い
【シリーズ名】
詩想社新書  ≪再検索≫
【著者名等】
和田秀樹/著  ≪再検索≫
【出版】
詩想社 2021.6
【大きさ等】
18cm 188p
【NDC分類】
159.79
【件名】
人生訓−高齢者  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500882540
【著者等紹介】
1960年生まれ。東大医学部卒。精神科医。高齢者専門の精神科医として、高齢者医療の現場に30年以上にわたって携わっている。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【要旨】
現在の70代の日本人は、かつての70代とはまったく違う。格段に若々しく、健康になった70代の10年間は、人生における「最後の活動期」となった。この時期の過ごし方が、その後、その人がいかに老いていくかを決めるようになったのだ。70代に努力することで、要介護になる時期をできるだけ遅らせ、晩年も若々しさを保つことができる。ただ、70代には特有の脆弱さがあることも事実。無自覚に過ごしていれば、自然と老いは加速していく。そのため、老いを遠ざけようと意図的に生活することが求められる。老いを遅らせる70代の生き方とはいかなるものか。30年以上にわたって高齢者医療の現場に携わってきた著者が説く。
【目次】
第1章 健康長寿のカギは「70代」にある(いまの70代は、かつての70代とはまったく違う;もはや70代は現役時代の延長でいられる期間となった ほか);第2章 老いを遅らせる70代の生活(何事においても、「引退」などしてはいけない;働くことは、老化防止の最高の薬 ほか);第3章 知らないと寿命を縮める70代の医療とのつき合い方(いま飲んでいる薬を見直してみよう;血圧、血糖値はコントロールしすぎない ほか);第4章 退職、介護、死別、うつ…「70代の危機」を乗り越える(定年後の喪失感をどう克服するか;趣味は働いているうちにつくろう ほか)
【ISBN】
978-4-908170-31-7 4-908170-31-2

Holding information 24records
1record-5record
2071727141
中央
159.7 / 

予回送
5階(人文科学)

2072489724
中央
159.7 / 

予回送
5階(人文科学)

2072252830
鶴見
159 / 

予受待
公開

2071040740
神奈川
159 / 

予回送
公開シニア

2071722646

159 / 

貸出中
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 538 people.


▼results list
[0]TOP