Material information
【タイトル】
塞王の楯
【著者名等】
今村翔吾/著  ≪再検索≫
【出版】
集英社 2021.10
【大きさ等】
20cm 552p
【NDC分類】
913.6
【書誌番号】
3-0500917102
【著者等紹介】
1984年京都府生まれ。2017年『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』でデビューし、18年に同作で第7回歴史時代作家クラブ賞・文庫書き下ろし新人賞を受賞。同年「童神」(刊行時『童の神』に改題)で第10回角川春樹小説賞を受賞、第160回直木賞候補となった。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
直木賞(2021年166回)
【要旨】
幼い頃、落城によって家族を喪った石工の匡介。彼は「絶対に破られない石垣」を造れば、世から戦を無くせると考えていた。一方、戦で父を喪った鉄砲職人の彦九郎は「どんな城も落とす砲」で人を殺し、その恐怖を天下に知らしめれば、戦をする者はいなくなると考えていた。秀吉が死に、戦乱の気配が近づく中、琵琶湖畔にある大津城の城主・京極高次は、匡介に石垣造りを頼む。攻め手の石田三成は、彦九郎に鉄砲作りを依頼した。大軍に囲まれ絶体絶命の大津城を舞台に、信念をかけた職人の対決が幕を開ける。ぶつかり合う、矛楯した想い。答えは戦火の果てに―。「最強の楯」と「至高の矛」の対決を描く、圧倒的戦国小説!
【ISBN】
978-4-08-771731-0 4-08-771731-3

Holding information 42records
1record-5record
2071887130
中央
913.6 /イ 

貸出中
部門無中央資料調整

2071887149
中央
913.6 /イ 

貸出中
部門無中央資料調整

2071887157
中央
913.6 /イ 

予受待
部門無中央資料調整

2071887165
中央
913.6 /イ 

貸出中
部門無中央資料調整

2071887300
中央
913.6 /イ 

貸出中
部門無中央資料調整

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 802 people.


▼results list
[0]TOP