Material information
【タイトル】
変体漢文
【版情報】
新装版
【著者名等】
峰岸明/著  ≪再検索≫
【出版】
吉川弘文館 2022.2
【大きさ等】
22cm 370,16p
【NDC分類】
810.6
【件名】
漢文(日本)  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500940885
【著者等紹介】
1935年埼玉県に生まれる。64年東京教育大学大学院博士課程単位取得満期退学。横浜国立大学教育人間科学部教授などを歴任。2012年没。主要著書に『平安時代記録語集成』上・下(吉川弘文館、2016年)などがある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
索引あり 初版:東京堂出版 1986年刊
【要旨】
中国語式表記法によりつつ、日本語的要素を採り入れて日本語文を書き記した変体漢文は、古記録(日記)や古文書(公文書・私文書)において常用された。『小右記』『御堂関白記』などを用例に挙げ、変体漢文を日本語史資料として用いるための方法論や表記・語彙・文法・文体を解説。日本語学の観点から変体漢文を初めて概説した、唯一といえる名著復刊。
【目次】
第1章 変体漢文の概要;第2章 変体漢文の解読方法;第3章 漢字の定訓と語の漢字表記;第4章 変体漢文の表記;第5章 変体漢文の語彙;第6章 変体漢文の文法;第7章 変体漢文の文体
【ISBN】
978-4-642-08636-3 4-642-08636-6

Holding information 1records
1record-1record
2072041626
中央
810.6 / 

貸出中
3階(一般調査)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP