第3版 -- 日経文庫 --
山野目章夫 /著   -- 日経BP日本経済新聞出版本部 -- 2022.2 -- 18cm -- 231p

資料詳細

タイトル 不動産登記法入門
版情報 第3版
シリーズ名 日経文庫
著者名等 山野目章夫 /著  
出版 日経BP日本経済新聞出版本部 2022.2
大きさ等 18cm 231p
分類 324.86
件名 不動産登記法(2004)
注記 初版:日本経済新聞出版社 2008年刊
著者紹介 早稲田大学大学院法務研究科教授。1958年生まれ。国土審議会委員、成年後見制度利用促進専門家会議委員、NHK受信料制度等検討委員会委員、日弁連法務研究財団理事。主著に『不動産登記法』など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
内容紹介 不動産登記法に触れる機会のある企業や人を対象に、全42講の講義を通して、その基礎の基礎をわかりやすく解説。軽妙な語り口で予備知識ゼロから制度の本質に迫る入門書。令和3年改正に対応した第3版。
要旨 本書は、不動産取引や相続などの際に関係する不動産登記法を、42のテーマに分けて興味深い事例を取り上げながら講義形式で解説する入門書です。著者は法制審議会の部会長として、課題とされてきた所有者不明土地の扱いを検討し、民法・不動産登記法改正をとりまとめるなど、法曹界を主導する不動産登記法の第一人者です。令和3年民法・不動産登記法改正により、相続等によって取得した不動産の登記が義務化されることになりました。また、相続法改正により、配偶者居住権が創設されました。第3版では、これらに対応して内容を補っています。不動産登記法を初歩から学びたい方、宅建士や司法書士などの資格を目指している方がサブテキストとして制度の根幹を学ぶのに最適な内容です。
目次 第1部 不動産登記制度を理解するために(登記簿を楽しく読む;不動産登記の制度目的 ほか);第2部 権利に関する登記(権利に関する登記の世界へ;申請人が登記義務者その人であることの確認 ほか);第3部 表示に関する登記および地図(建物を新築した場合の登記―基礎編;建物を新築した場合の登記―上級編 ほか);第4部 これからの不動産登記制度(するべき登記をしないと、どうなるか?―表示に関する登記;するべき登記をしないと、どうなるか?―権利に関する登記 ほか)
ISBN(13)、ISBN 978-4-532-11447-3   4-532-11447-0
書誌番号 1113944232

所蔵

所蔵は 7 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 別置 請求記号 資料区分 状態 取扱 資料コード
中央 4階社会科学 Map 324.8 一般書 利用可 - 2072326493 iLisvirtual
神奈川 公開 Map 324 一般書 利用可 - 2072326558 iLisvirtual
公開 Map 324 一般書 利用可 - 2072326485 iLisvirtual
港南 公開 Map 324 一般書 利用可 - 2072326566 iLisvirtual
保土ケ谷 公開 Map 324 一般書 利用可 - 2071963481 iLisvirtual
公開 Map 324 一般書 利用可 - 2072326507 iLisvirtual
瀬谷 公開 Map 324 一般書 利用可 - 2072326450 iLisvirtual