現代の問題を解決しうる名著の知恵 -- PHP新書 --
中野剛志 /著   -- PHP研究所 -- 2022.8 -- 18cm -- 246p

資料詳細

タイトル 奇跡の社会科学
副書名 現代の問題を解決しうる名著の知恵
シリーズ名 PHP新書
著者名等 中野剛志 /著  
出版 PHP研究所 2022.8
大きさ等 18cm 246p
分類 300
件名 社会科学
著者紹介 1971年神奈川県生まれ。評論家。専門は政治経済思想。東京大学教養学部卒業後、通商産業省に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学。同大学院より05年に博士号を取得。著書に『日本思想史新論』(ちくま新書、山本七平賞奨励賞)などがある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
内容紹介 現代を理解するためには社会科学の古典の知見について知る必要があり、さらに言えば現代で起こるさまざまな失敗は、古典の知恵を知らないために起こったものが多い。「教養にして実用」である社会科学の知見を解説した1冊。
要旨 社会科学とは社会について研究する学問であり、政治学、経済学、社会学、人類学、国際関係論などが含まれる。その古典を読み返したところで、当時とは時代が違うのだから役に立つことはないと思われるかもしれない。ところが驚くべきことに、現代を理解するためにはこれらの古典の知見について知る必要があり、さらに言えば現代で起こる様々な失敗は、古典の知恵を知らないために起こったものが多い。組織が官僚化することによる停滞、「抜本的な改革」に潜む罠、株式市場を活性化させることの危険性…。「教養にして実用」である社会科学の知見を明快に解説。
目次 なぜ組織改革は失敗するのか―マックス・ウェーバー;効率性の追求が非効率を生む―マックス・ウェーバー;数値だけで測定できない価値―マックス・ウェーバー;急がば回れ―エドマンド・バーク;漸変主義こそ、実は近道―エドマンド・バーク;民主政治の怖さ―アレクシス・ド・トクヴィル;平等が進むほど全体主義化する―アレクシス・ド・トクヴィル;人々の絆が社会を豊かにする―アレクシス・ド・トクヴィル;新しい資本主義―カール・ポランニー;新自由主義と「社会防衛の原理」―カール・ポランニー;自殺はどうすれば防げるのか―エミール・デュルケーム;突然の社会変化が自殺を減らす―エミール・デュルケーム;どうして戦争は起こるのか―E・H・カー―ロシアがウクライナを侵攻したわけ―E・H・カー;「軍事力」「経済力」「意見を支配する力」―E・H・カー;どうして臨機応変に行動できないのか―ニコロ・マキャベリ;人はどのようにして必然的に破滅するか―ニコロ・マキャベリ;世の中、何が起きるか分からないから…―ジョン・メイナード・ケインズ;いったい経済学はどうなってしまったのか?―ジョン・メイナード・ケインズ
ISBN(13)、ISBN 978-4-569-85262-1   4-569-85262-9
書誌番号 1113988352

所蔵

所蔵は 2 件です。現在の予約件数は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 別置 請求記号 資料区分 状態 取扱 資料コード
公開 300 一般書 予約準備中 - 2073374629 iLisvirtual
港南 公開 Map 300 一般書 利用可 - 2072898020 iLisvirtual