削除請求・発信者情報開示請求後の法的対応Q&A -- 第2版 --
深澤諭史 /著   -- 第一法規 -- 2024.3 -- 21cm -- 341p

資料詳細

タイトル インターネット権利侵害
副書名 削除請求・発信者情報開示請求後の法的対応Q&A
版情報 第2版
著者名等 深澤諭史 /著  
出版 第一法規 2024.3
大きさ等 21cm 341p
分類 007.3
件名 インターネット-法令 , 不法行為
著者紹介 1983年山梨県生まれ。2006年明治大学法学部卒業、09年東京大学法科大学院修了。10年司法修習修了、同年弁護士登録(第二東京弁護士会)。13年、服部啓法律事務所に参画。現在、第二東京弁護士会非弁護士取締委員会副委員長等。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
内容紹介 削除請求・発信者情報開示請求が行われた後の対応について、被害回復手段、賠償請求のコツ、当事者の属性に応じた配慮等のノウハウをQ&A形式で解説した1冊。裁判例や和解等の実例も収録する。令和3年改正プロバイダ責任制限法に対応した第2版。
要旨 発信者情報開示「後」の処理が依頼者の被害回復を決める!開示後の結果を左右する受任前の留意点と交渉上の技術と注意点を解説!
目次 第1章 ネットトラブルの基本(本書で取り扱う範囲;ネットトラブルの定義;被侵害利益別の基本);第2章 相談から受任まで(被害者:確認すべきことのリスト;削除請求の見通し;開示請求の見通しの留意点;賠償請求の見通しの留意点;発信者(加害者)からの相談);第3章 裁判外請求について(裁判外請求をすべきか、すぐに提訴すべきか;最初の請求額・期限について;交渉について;まとめ:裁判外解決が双方の利益になる);第4章 裁判上の請求について(裁判上の請求の基本;裁判上の主張立証の基本 ほか);第5章 まとめ(被害者・発信者の受任と交渉上の注意点のまとめ;提言)
ISBN(13)、ISBN 978-4-474-09348-5   4-474-09348-8
書誌番号 1123010547

所蔵

所蔵は 3 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 別置 請求記号 資料区分 状態 取扱 資料コード
磯子 公開 Map 007.3 一般書 利用可 - 2076297064 iLisvirtual
戸塚 公開 Map 情報科学 007.3 一般書 利用可 - 2076296955 iLisvirtual
公開 Map 007.3 一般書 利用可 - 2076297013 iLisvirtual