歴史に学ぶ「未来」のつくり方 --
バーツラフ・シュミル /著, 栗木さつき /訳   -- 河出書房新社 -- 2024.3 -- 20cm -- 257,28p

資料詳細

タイトル Invention and Innovation
副書名 歴史に学ぶ「未来」のつくり方
著者名等 バーツラフ・シュミル /著, 栗木さつき /訳  
出版 河出書房新社 2024.3
大きさ等 20cm 257,28p
分類 504
件名 技術
注記 原タイトル:INVENTION AND INNOVATION
注記 文献あり 索引あり
著者紹介 【バーツラフ・シュミル】カナダのマニトバ大学特別栄誉教授。カナダ王立協会フェロー。エネルギー、環境などの領域で学際的研究に取り組んでいる。現在、「Innovation for Cool Earth Forum」の運営委員会メンバーを務める。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
内容紹介 さまざまな発明やイノベーションの歴史を振り返り、その栄枯盛衰をたどり、結局は失敗に終わった発明や、いつまでたっても実現しないイノベーションの例を挙げ、ときに辛辣に批評。歴史的観点から現状を俯瞰したうえでの見解を示す。
要旨 「発明」イコール「イノベーション」ではない。イーロン・マスクの不都合な真実。原子力は「成功した失敗」だった。脱炭素化を急いではいけない。「指数関数的成長」は誤解されている。現代文明をつくった空前絶後の10年間…。報道や宣伝ではわからない事実を明らかに!過去の「失敗」から得られる教訓とは?いま、本当に必要なビジョンとは?―ビル・ゲイツが全著作を愛読する世界的権威が、テクノロジーの歴史と未来を語る!
目次 第1章 発明とイノベーション―その長い歴史と現代の狂騒;第2章 歓迎されていたのに、迷惑な存在になった発明(有鉛ガソリン;DDT;クロロフルオロカーボン類(フロンガス));第3章 主流となるはずだったのに、当てがはずれた発明(飛行船;核分裂反応を利用した原子力発電;超音速飛行);第4章 待ちわびているのに、いまだに実現されない発明(ハイパーループ―真空(に近い)空間で移動する高速輸送システム;窒素固定作物;制御核融合);第5章 テクノロジー楽観主義、誇大な謳い文句、現実的な期待(「ブレイクスルー」ではない「ブレイクスルー」の数々;「加速化するイノベーション」という根拠のない説;私たちがもっとも必要とするもの)
ISBN(13)、ISBN 978-4-309-22914-0   4-309-22914-X
書誌番号 1123014808

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 10 件です。

所蔵館 所蔵場所 別置 請求記号 資料区分 状態 取扱 資料コード
中央 4階自然科学 504 一般書 貸出中 - 2076336655 iLisvirtual